データ復旧は突然のデータのトラブルに対応できるサービスです

パソコンやデジカメなどを使っていますと、突然データのトラブルに見舞われることがあパソコンを使っていると起動エラーなどで突然データが壊れてしまったり、デジカメを使っていうと、突然、SDカードからデータが読み出せなくなったりなど、実例を挙げればきりがありません。

また、間違ってハードディスクをコンクリートの床やアスファルトの道路などに落としてしまったり、重いものを間違ってパソコンの上に落としてしまったり、といった物理的なトラブルもあるでしょう。このようなデータのトラブルは皮肉なことに、いつもデータのバックアップを取っていないときに起きがちですよね。そのようなときに重宝するのが、データ復旧のサービスです。このようなサービスを利用しますと、どうしても消したくない大事なデータを復旧することができます。単なるパソコンなどのハードの修理だけであるなら、パソコンメーカーのカスタマーサポートなどに依頼すれば直りますが、消えたデータは二度と復旧させることはできません。

しかしデータの復旧サービスを利用すれば、仕事で使っている大事なデータはもちろん、大切な家族旅行の写真など、どうしても失いたくないデータを復旧して、DVDや外付けハードディスクなどにコピーしてもらえます。データの障害には、論理障害と物理障害の2種類があります。論理障害とは、ハードディスクやフラッシュメモリなどの記録メディアにはどこにも異常はないのに、そのなかのデータに障害が発生しているという状態のことを言います。これらは、パソコンのOSが起動するために必要なファイルシステムが壊れていることや、記録メディアがウイルスに感染していたり、ファイルの構造情報の破損などが原因で発生します。一方物理障害とは、ハードディスクやメモリーカードそのものに障害が発生しているものを指します。ハードディスク自体に障害が発生しているときは、基盤が損傷していたり、ベアリング障害があったり、不良セクターがあったりなど、明らかに機械・駆動系に障害が発生している、という場合が物理障害に該当します。ハードディスクのデータに物理障害が発生している場合は、そのハードディスク自体は再利用することはできませんが、データを復旧した後にそれを交換したり廃棄することができます。なお、パソコンなどのデータにトラブルが起きたときに、それが物理障害によるものなのか、それとも、論理障害によるものなのかということは、データの復旧のサービスを行っている業者に診断してもらう必要があります。

Blog Home